借金のトラブル

借金問題

毎月給料日になると借金の返済のことで頭がいっぱいになっていませんか。
借金を返せないので破産をしたいが、どうしても自宅を手放せないと悩んでいませんか。借金の悩みは弁護士に相談して解決しましょう。

借金問題を弁護士に依頼するメリット
弁護士に依頼された場合、弁護士から貸金業者に通知を送ります。通知を受けた貸金業者は弁護士を窓口として話をしますので、あなたへの直接の連絡はストップします。精神的な余裕を取り戻した上で、あなたにピッタリの解決方法を一緒に考えていきましょう。

 

任意整理

貸金業者と任意の交渉をして毎月の返済額を減らしてもらうものです。

 

民事再生

裁判所で借金の総額を最大で5分の1に減らしてもらう手続きです。
借金は原則として3年間、最長5年間で弁済することになります。
どうしても自宅を手放せない理由がある場合に利用するメリットがあります。
民事再生手続が認められるためには、安定した収入があることが最低の条件となります。そのほかにも沢山の条件が定められていますので弁護士にご相談ください。

 

破産

裁判所で借金を免除してもらう手続きです。
裁判所が免責を認めれば、借金はゼロになり、人生を再スタートできます。弁護士があなたの新たなスタートをお手伝いします。

ブラックリストに載ることが心配です。
ブラックリストというものは存在しませんが、信用情報機関に債務整理をした情報が掲載され、最低7年程度は残るため、新しくカードを作ることができません。しかし、安易に借金してまったからこそ借金に苦しんでしまうのですから、新しく借金ができない方が安心です。よく相談されるものとして、ガソリンもカードで入れられないというお話がありますが、要は慣れの問題です。私は長らくカードでガソリンを入れたことはありません。

破産する場合、自動車を持てますか。
破産しても、預貯金、自動車、生命保険の解約返戻金の合計額が99万円の範囲内であれば、持つことができます。ただし、自動車ローンの返済が終わっていない場合は、ローンの会社に引き上げられる可能性があります。

 

破産する場合、生命保険を解約しなければならないですか。

破産しても、預貯金、自動車、生命保険の解約返戻金の合計額が99万円の範囲内であれば、生命保険を解約する必要がありません。


破産したことを他人に知られたくありません。
破産したことは官報に掲載されますので、全く知られないということはありません。官報を見る人は、実際には金融機関等の一部の限られていますが、最近は官報の内容を掲載しているウェブサイトもあります。