男女間のトラブル

離婚・男女問題(不倫)

配偶者と別れようと決めても、相手方が離婚に応じてくれない。
離婚後のお金の問題・子どもの親権が心配だ。

このようなお悩みは弁護士に相談して解決しましょう。離婚はそれぞれのご家庭の事情に応じていろいろな問題があります。ご家庭の事情にあったベストな解決方法を提案して、あなたの再出発を応援します。

 

離婚で多いご相談をQ&Aの形にしてみました。

婚姻費用(別居中の生活費)

夫と別居中ですが、生活費を支払ってくれません。どうしたらよいですか。

弁護士に依頼して任意の交渉をする方法と家庭裁判所に婚姻費用(別居中の生活費)の分担請求調停を申し立てる方法があります。生活費の額等、詳しくは弁護士にご相談下さい。

 

養育費(離婚後の生活費)

Q夫と離婚しましたが、養育費を支払ってくれません。どうしたらよいですか。

弁護士に依頼して任意の交渉をする方法と家庭裁判所に養育費請求調停を申し立てる方法があります。養育費の額等、詳しくは弁護士にご相談下さい。

 

養育費はいくらぐらいになりますか。

あなたの年収と配偶者の年収に応じて算定します。詳しくは弁護士にご相談下さい。

あなたと配偶者の年収が分かる資料(給与明細・源泉徴収票・所得証明書)等をお持ち頂けるとスムーズに相談できます。

 

離婚原因

夫が浮気しているので別居中ですが、夫が離婚してくれません。離婚できますか。

裁判例では子どもの有無や年齢、双方の婚姻継続の意思等の様々な事情を考慮した上で、別居期間が3年で離婚を認めたケースもあります。

 

私は不倫していますが、私の方から離婚を求めることができますか。

不倫をしている方を有責配偶者といいます。有責配偶者からの離婚原則として認められません。

1.       夫婦の別居期間が同居期間に比べて長い期間であること

2.       未成熟の子がいないこと

3.       相手方配偶者が離婚により精神的・社会的・経済的に極めて苛酷な状態におかれないこと

上記1から3の要件を満たせば離婚が認められる場合があります。

 

財産分与

住宅ローン返済中の住宅がありますが、住宅はどのように財産分与したらよいですか。

住宅ローン返済中であれば、住宅の名義人となっている方が住宅に住み続けて住宅ローンを返済することが一般的です。

 

夫が住宅を手放したくないというので住宅は夫のものにする予定ですが、ペアローンを組んでいて私も債務者になっている場合はどうしたらよいですか。

妻名義のローンの残額を夫が新たに銀行から借りて妻名義のローンを返済する方法があります。ただし、銀行が夫の収入状況によって新たなローンを認めてくれない場合もあります。

 

子どもを転校させたくないので、夫が住宅ローンを返済して私と子どもが家に住み続けることはできますか。

夫が住宅ローンを支払わない場合、家から出て行かなければならないケースがあります。

 

面会交流

子どもの親権者を元妻にしましたが、元妻が子ども達に会わせてくれません。どうしたら良いですか。

弁護士に依頼して任意の交渉をする方法と家庭裁判所に面会交流の調停を申し立てる方法があります。詳しくは弁護士にご相談ください。

 

親権者の変更

親権者を元妻としたのですが、私に親権者を変更することができますか。

親権者変更の調停を申し立てることになります。ただし、元妻が子供に暴力やネグレクト(育児放棄)といった虐待をしている等の重大な事情がある場合にしか親権者の変更は認められません。

離婚をする場合に簡単に親権者を決めることが多いですが、一度親権者を決めてしまうと変更することは難しいでしょう。

 

不貞行為(不倫)

夫の浮気が5年前に浮気をしました。相手の女性に慰謝料を請求できますか。

あなたが夫の浮気を知ってから3年経過していれば慰謝料が時効で請求できない可能性があります。